転職した同期の名前で検索したら、立派なアパート経営のオーナーになっていたという話

マネー・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資してますか?

こんにちは、「ネットのつぼ」です。

みなさん、何か投資をしていますか? (「セコムしてますか?」風に)

 

株や金、最近ではBitCoinなど投資商品が増えていますが、中でも一番高額の投資商品が「マンション経営」や「アパート経営」です。

 

同期がアパート経営していました

私には、4人の子どもがいる同期がいます。

仮にAさんとしましょう。

 

Aさんが会社を辞めて転職をして3年が経ちますが、風の噂では数年間の間に会社を幾つか変わったそうです。

「子どもが4人もいて、そんなに転職を繰り返して大丈夫なのかな? SNSで彼のことを探してみよう」と思い、ふとAさんの名前で検索したところ、Facebookなどの後に、あるサイトが出てきました。

そこは、「アパート経営」を紹介するサイトでした。

 

出てきたのは、若いうちから始める不動産投資

そこで目にしたのは、「若いうちから始める不動産投資」をうたい文句でした。

 

そこには次のような熱いメッセージがうたわれていました。

  • 終身雇用制が崩壊している現在では、昇進して給料が上がり続けるという保証がないので、ただ働くだけは資産を築くことはできない!
  • 超低金利の時代では、コツコツ貯金しても資産は貯まっていかない!
  • でも投資をするなら早ければ早いほうがよい。始めるなら20代、30代の若いうちだ!

至極ごもっとなご意見です。

 

続いて、リスクについてもしっかりとうたわれていました。

  • 空室による家賃収入の低下
  • 地震や家事などの災害
  • 物件の経年劣化

ロジカルなAさんのことですから、これのメリットとリスクをしっかりと比較・判断した上で「アパート経営」の不動産投資を始めたのでしょう。

 

Aさんは立派なアパート経営のオーナーになっていた

そして、お客さまインタビューに紹介されていたAさんは、物件価格2億円で年間の家賃収入が2200万円の事例で輝かしく登場していました。

 

退職前にあった彼とは少し違っていて、オールバックになって少し瘦せた感じがしました。

立派なスーツに身を包まれて、立派なアパート経営のオーナーという出で立ちでした。

 

紹介記事を見る限り、彼はアパート経営で成功しているのでしょう。

もちろん、いきなりアパート経営のプロになれる訳もありませんから、不動産投資会社というプロを味方につけて、適切なアドバイスを受けながら、アパート経営をしているようです。

 

Aさんの事例より、アパート経営のプロと出会うことが、成功への近道だとしたら、数多くの不動産投資会社の情報を集めて、自分にあった会社と直接会話をして、自分にあうプロを探していくのがよいと言えます。

 

「不動産投資」を比較するために資料を一括請求してみる

4人の子どもをもつ同期のAさんがアパート経営でうまくいっているのを見て、もしかしたら自分もうまくいくかもしれないと思いました。

子どもが2人いて、今後の生活のことを考えると不労所得を得られるのは大きな魅力です。

 

とはいえ、5年以上もあっていないAさんに今更連絡をとってアパート経営の話(と多少の自慢話)をされるのもしゃくなので、まずは自分で情報を集めてみることにします。

Aさんが利用している不動産投資会社以外で(笑)

 

それでも、不動産投資会社はたくさんあって違いや特徴がよくわからないために、「Oh!Ya(オーヤ)」という資料一括請求サイトを使ってみることにします。

 

まずは資料が届いたらみなさんへ報告しますので、こうご期待ください。



マンション経営なら【Oh!Ya(オーヤ)】

コメント