平成に続く新元号は「令和(れいわ)」!「安」の文字が使われなかった理由とは

新元号
スポンサーリンク

平成31年4月1日11時30分に、平成に続く新元号が発表され、新しい元号は、「令和(れいわ)」に決まりました!

 

新元号の予想では、安倍首相の「安」の文字が使われるという予想が多いですが、新元号に「安」が使われない可能性が高くなっています。

 

「安」が使われなかった理由を探ってみました。

 

スポンサーリンク

新元号の予想では、「安」がつくものが上位を占めていた

新元号を予想するキャンペーンでは、

  • 安久
  • 安永
  • 栄安
  • 安明
  • 永安
  • 安始
  • 安栄

というように、「安」が付くものが上位を占めていました。

ただ、結果的には、平成に続く新元号に「安」は使われないと言われています。

 

 

新元号を選定する留意事項とは

新元号を選定する留意事項は、以下とされています。

  • 常用漢字を使う
  • 1文字の画数は多くても12~15画
  • 頭文字は、「M・T・S・H」以外
  • 民間の元号予想ランキング上位はなるべく避ける
  • 人名に多い2文字は避ける
  • 大企業と同じ名称は使わない

 

また、政府関係者からは、以下のことも考慮に入ることが公表されています。

  • 国民の理想としてふさわしいような、よい意味
  • 漢字2字
  • 書きやすい
  • 読みやすい
  • これまでに元号またはおくり名として用いられたものでない
  • 俗用されているものでない(広く一般に使われていない)

 

新元号に「安」が使われなかった理由

新元号の留意事項に引っかかっている

先ほどもあったように、

  • 民間の元号予想ランキング上位はなるべく避ける

に、「安」の文字は明らか引っかかっています。

 

政府関係者がコメントをしている

新聞記事で、政府関係者が以下のようなコメントをしていることから、「安」の文字が使われる可能性は極めて低いと言えます。

 

民間で流行している元号予想で取り沙汰されている「安久」などの案について、政府関係者は「俗用の一種に当たるので、なるべく避ける」と語る。

 

安倍首相への配慮がされ、「安」は使われない

4月1日11時30分に新元号を菅義偉官房長官が発表した後、12時より安倍晋三首相記者会見に臨み、談話を読み上げる。

 

発表に安倍首相が関わることを考えると、新元号に「安」が使われることは非常に考えづらいです。

 

また、世間が新元号に「安倍首相の「安」が入る」と言えば言うほど、もし候補にあったとしても「安」は採用されにくくなります。

 

まとめ

4月1日に発表された平成に続く新元号「令和(れいわ)」は、あなたの予想と近かったでしょうか? それとも全く予想外だったでしょうか?

 

5月1日より新元号「令和(れいわ)」が始まりますが、心新たに健やかに過ごしていきましょう。

 

 

コメント