MixHostのWordPressを高速化する「LiteSpeed Webサーバー」について調べてみたよ

サイト運営
スポンサーリンク
スポンサーリンク

MixHost(ミックスホスト)の他にはない特徴とは

WordPressのサイト運営に、MixHostを検討している人がいるのではないでしょうか?

 

MixHost(ミックスホスト)の他のレンタルサーバーにはない特徴として、日本で初めてLiteSpeed Webサーバーを採用したことがあります。

 

MixHostのサイトでは、次のように紹介されています。

LiteSpeed Webサーバーは、一般的に使用されるApacheと完全な互換性を持ち、Apacheよりも静的コンテンツは最大9倍高速PHPは最大50%倍高速SSLサイトは最大3倍高速次世代のWebサーバーです。
Apacheよりも遥かに少ないリソースで動作する為、急なトラフィックの増加にも安定したWebサイトの表示をご提供できます。

 

「LiteSpeed Webサーバー」は、まだ耳慣れない用語ですが、WordPressの高速化にも一役買っており、これについて調べてみました。

 

LiteSpeedは、急速にシェアが伸びているWEBサーバーソフトウェアです

LiteSpeedはApache、Nginxなどに続くWEBサーバーソフトウェアです。

LiteSpeedはApacheと互換性を確保した高性能Webサーバです。

 

2016年11月に公開されたインターネットサービス企業のNetcraftのWebサーバーの調査で、LiteSpeedのシェアが大躍進していることがわかりました。

 

LiteSpeedは、前回調査に比べて740%の増加という大規模なシェアの拡大を実現しました。

740%という数字から、その成長のすごさがわかります。

 

LiteSpeedは、4000万サイトも数を増やすなど、一気にその存在感を強いものにしており、

今後もApacheで運用されてきたサーバが、LiteSpeed Web Serveのような新しいWebサーバへ移行する傾向が続くと思われます。

 

今後新しい環境を構築するのに、LiteSpeed Web Serveを検討することは欠かせない状況となってきています。

 

LiteSpeedの優れているメリット

Apacheよりも高性能

LiteSpeed Technologiesのベンチマークでは、Nginxを凌ぐレスポンス速度を計測しています。

また、秒あたりのリクエスト数は、Apacheと比較して約30倍という驚異のスペックです。

 

Apacheと完全互換

LiteSpeedはApacheと完全互換しているので、ApacheからLiteSpeedへの切り替えが、驚くほどスムーズに移行することができます。

具体的には、.htaccessや各種PHPモージュルなどApacheで使用していた設定ファイルが全てそのまま使うことができます。

 

LiteSpeedの注目度が上がっている理由として、入れ替えることで性能の向上と安定性の向上が確実に期待できるということがあります。

今後、WEBサーバーシェアNo.1のApacheからLiteSpeedへの乗り換えが急激に増え、さらにLiteSpeedのシェアが増えていくと推測されます。

LiteSpeedのデメリット

「LiteSpeed」で検索するとわかりますが、まだまだ日本国内では、「LiteSpeed」に関する情報が少ないことがデメリットとしてあげられます。

 

アメリカでは、「LiteSpeed」の導入が急激に増えており、今後もレンタルサーバーはじめ、「LiteSpeed」に関する情報が増えてくると予想されますので、使いやすいWebサーバーになることが期待されます。

 

LiteSpeedの速さを実感するなら「MixHost」

ポテンシャルが非常に高い「LiteSpeed」ですが、レンタルサーバーサービスで導入しているところはまだまだ少ないようです。

 

このサイトを運営しているMixHostでは、日本で初めてLiteSpeed Webサーバーを採用しました。

以前は「ロリポップ!」を利用していましたが、それと比較すると、とくに「WordPress(ワードプレス)のプレビュー表示」が非常に早く感じます。

 

「WordPress」を運営する立場としては、ストレスなく更新ができることは重要なポイントなので、MixHostを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

MixHostは、「10日間無料お試し」ができます。

まずは無料でお試ししてみて、「LiteSpeed」の速さを体感してはいかがでしょうか。

⇒ 月額480円からの高速LiteSpeed採用クラウドレンタルサーバー

 

コメント